3D技術研究所Wiki > TGAReader > TGA画像をWebGLアプリケーションで利用する

TGA画像をWebGLアプリケーションで利用する方法をまとめています。

情報

このページの解説はGWTのセットアップを完了していることを前提としています。
まだの場合はGWTをセットアップする方法を先にお読みください。

TGA画像をGWTウェブアプリケーションで利用するも合わせてご覧ください。

目次


概要

TGA画像をWebGL上で利用できるようにします。

オンラインデモページ
http://npe-net.appspot.com/npesdk/gwt/tgawebgldemo/index.html

ddswebgldemo.png

ソースコード

createImageCanvasメソッドの詳細はTGA画像をGWTウェブアプリケーションで利用するをご覧ください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
import com.google.gwt.canvas.client.Canvas;
import com.googlecode.gwtgl.binding.WebGLRenderingContext;
import com.googlecode.gwtgl.binding.WebGLTexture;

import static com.googlecode.gwtgl.binding.WebGLRenderingContext.*;

WegGLRenderingContext gl = ...;

Canvas canvas = createImageCanvas(pixels, width, height);

WebGLTexture texture = gl.createTexture();

gl.enable(TEXTURE_2D);
gl.bindTexture(TEXTURE_2D, texture);
gl.texImage2D(TEXTURE_2D, 0, RGBA, RGBA, UNSIGNED_BYTE, canvas.getElement());


関連ページ


スポンサードリンク

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS