3D技術研究所Wiki > OpenGL > マテリアル > テクスチャ

OpenGLのテクスチャについてまとめています。

目次


テクスチャについて

このページはJavaでOpenGLテクスチャを作成する方法をまとめています。
OpenGLで多様な静止画形式のテクスチャ作成方法を始め、
JavaFXを利用して動画やウェブページのテクスチャを作成する方法を紹介します。

テクスチャはシェーダーと同様マテリアル表現の重要なファクターです。
動画をテクスチャ化して動的に変化を与え続ける表現を可能にしたり、
ウェブサービスをリアルタイムでテクスチャ化することで無限大のウェブリソースを利用したりすることができます。

例えば、YouTube動画をリアルタイムで3DJavaアプリケーションに貼り付けることもできます!
詳細は「YouTube動画テクスチャを作成する」をご覧ください。

※ウェブリソースをテクスチャ化する場合は著作権等に十分配慮して下さい

テクスチャ作成方法


静止画推奨方法
JPEG/PNG/BMP/WBMP/GIFImageIOでテクスチャを作成する
TGATGAReaderでテクスチャを作成する
DDSDDSReaderでテクスチャを作成する
WebPWebP画像からOpenGLテクスチャを作成する
PVR, TIFF検討中




レンダーテクスチャ作成方法

レンダーテクスチャとはレンダリングされたフレームバッファをテクスチャとして利用する技術です。
様々なシェーダーエフェクトに利用されています。

準備中

画像フォーマット詳細

DDS画像, TGA画像フォーマットは以下のリンクで解説しています。


関連ページ


スポンサードリンク

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS