物理エンジンについて調査しました


今日はプログラミングする時間が取れなかったので物理エンジンについて調査していました。
最終的にBulletとPhysXに絞込みましたがどちらを選べば良いのでしょうか?
Bullet, PhysXの簡単な特徴を以下にまとめました。
私はJavaから利用するつもりなのでJava用ライブラリも載せてあります。

■Bullet

オープンソースの物理エンジン

 サイト  http://bulletphysics.org/wordpress/
 最新バージョン  Bullet 2.83
 主な機能  剛体(リジッドボディ), 軟体(ソフトボディ)
 採用  Blender, LightWave 3D, MikuMikuDance
 Java用ライブラリ  JBullet 2.72 http://jbullet.advel.cz/

■PhysX

NVIDIAの物理エンジン

 サイト  http://www.nvidia.co.jp/object/physx_new_jp.html
 最新バージョン  PhysX 3.3.2
 主な機能  剛体(リジッドボディ), 軟体(ソフトボディ), 流体(フルイド)
 対応  Windows, Mac, Linux, PlayStation3/4, Xbox360/One, Wii, Android, iOS
 採用  Unreal Engine, Unity, Gamebryo, 3ds Max, Maya, Softimage
 Java用ライブラリ  JPhysX 2.7.2 http://jphysx.sourceforge.net/

次のアップデート(PhysX 3.4)ではPhysX FleXという粒子ベースのシミュレーション機能が追加されるようです。

■BulletかPhysXか、今のお気持ちはどっち?

剛体、軟体に関してはプログラミング経験のあるBulletを使うことに決めました。
勉強含め研究を目的にしているのでオープンソースだと非常に魅力的です。
コンテンツ開発を目的にしていたら採用実績のある多機能なPhysXを選びました

Bulletで物理演算の実装を進めるつもりですが流体が必要になったら
他のエンジンを含め再度考査したいと思います。

スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です